アレルギー源は一人一人異なるので、それぞれに対応します。小麦粉がダメな時は100パーセント米粉の生地でパンを作ります。見た目は小麦粉ほど大きく膨らみませんがフンワリとした生地になります。上のクッキー生地も米粉で卵なし。きな粉と蜂蜜で風味をだします。 小麦粉がだいじょうぶで卵と乳がダメのCちゃんには生地は元々リーンでバターでは無く液体油を使っていますのでそのまま、上の生地もこむぎこでつくれます。 ということで、パンの時もみんな同じ(にみえる)出来上がりでした。 iPadから送信

8月8日台北で開かれたスローのフード2016美食展「純真食代」において

台湾の食育を考えるシンポジウムがひらかれました。そこで、日本の食育を語って来ました。


もうお一人の講者は韓国からの金史さんでした。
日本の食育の歴史と今日本では企業CSRとしての食育が注目を浴びていること、 さらには、実際に子供に料理を体験させるキッズキッチンが食育の効果をあげる事を話ました。


韓国においても、台湾においても体験教室はあるのですが、キッズキッチンほど教育的に考えられたものではありません。

しかし、体験が大切であると言う点では一致しています。 スローフードにおいて食育は一つの大きな柱です。

イタリアの発祥と言う事もあり教育プログラムはヨーロッパ中心の食材を用いて行われています。今回のシンポジウムをきっかけに台湾、韓国、日本で東アジアの教育プログラムを作ろうと言う話になりました。とっても楽しみです。


普段スタジオで開催しているキッズキッチンは定期教室なので募集は年1回ですが、これは単発の教室です。
キッズキッチンを始めてみたいなと思われる方にオススメです。
是非どうぞ!
お待ちしています。
ーーー
日時:平成28年7月16日(土)
  10:30〜13:00 (受付開始は10:00〜となります) 

会場:神戸中央卸売市場 『中央市場の料理教室』
〒652-0844  神戸市兵庫区中ノ島1丁目1−4 神戸中央卸売市場関連中央棟(北端)2階  
最寄駅 ◆地下鉄海岸線「中央市場前」駅 出口1(北)徒歩2分   

講師:坂本廣子食育・料理研究家
メニュー(予定) :鍋でたくご飯、豆腐の味噌汁、やわらか鶏煮、いんげんのごま和え
参加費:3,000円
参加資格:「料理をしたい」という気持ちがある子ども
持ち物:上履き(すべらない靴)
参加対象:4歳〜10歳ぐらいまでの子ども 20名(応募者多数の場合は抽選)
その他:親子で参加して頂きますが、実習は子ども達だけで行い、保護者の方は“見守る”事に
       徹していただきます。試食は、お子様分のみとなります。

お申し込み方法:キッズキッチン協会ホームページよりお申込みください!
ホームページはこちら:http://www.kids-kitchen.jp/event/  
<当募集は神戸会場となります>

今ごろの記事ですみませんが、2月のキッズキッチンはお雛様のメニューでした。




ハマグリのお吸い物に、手まり寿司、ぬた、薯蕷しるこ、金柑。



おや?

ハマグリは、大きさが・・・?



雄蝶雌蝶にする予定が、あまりの大きさに子供達が食べる分は一つのみになりました。

8年ものの国産ハマグリ、私たちもこんなに大きいのは初めて。

もちろん、とてもいいお味でした。



手まり寿司のキュウリはキュウリのぬか漬けです。ごく浅く漬けています。



そしてデザートの金柑は最近出てきた甘くて大きな品種のたまたまです。

大人も子どもも、意外と食べたことのない方が多く「どうやって食べるのー?」という声も聞かれました。皮をむいて食べようとしているひとも。皮を食べる金柑は果物の中でも特別な食べ方ですね。





1月のキッズキッチンは、2月の節分にちなんで、鰯と炒り大豆を使ったメニューです。塩鰯と蕪のパスタ、炒り豆のポタージュ、鰯のガレット、炒り大豆のシリアルバーです。


節分なのになんで洋風?!
それは素材に特化したからです。キッズキッチンはもうすぐ20年。
基本的に同じメニューはしないで、常に新しい物で子供達が子供達だけでできる物をメニューとしてだしてきました。
節分の鰯も、毎回料理が違います。そこで和の料理はで尽くした感があり、今回は思いっきり和から離れようとチャレンジしました。

何時ものことですが、鰯は、中央市場経由の産地直送で、とっても新鮮。鰯を捌いて出来上がるガレットが美味しいのは当たり前なのです。



玄関のお飾りも節分仕様です。

iPadから送信





鰤雑煮、鰤の照り焼き、ブリ皮の焼き物、鰤のおろし刺身、紅白なますです。いつものように仲卸さんが来てくださって、ぶりの解体です。何度子供達のどよめきと拍手が聞こえたことでしょう。本当にプロの手捌きは美しくかっこいい。

綺麗に刺身までつくってくださいました。ぶりは身がでかいので、刺身の一切れがとても大きくなってしまいます。その解決法も成る程です。そのときに引いた皮も焼いたら、美味しいねんでと聞いた子供たちから「焼いて!」リクエストにお応えして、焼きました。一匹分ですので、大量ではありませんが、子供たち「ほんまや、コリコリで美味しいわ!」と大満足でした。

本当に中央市場ならではの、貴重な体験が出来たので、私たちも大満足でした。


中央市場の料理教室、今度の募集はミニが1月、2月は大募集します。ふるってご応募ください。旬と、最高のあじは保証付き、来て見なければわかりません。是非に。


iPadから送信



秋祭りには棒鮨がという所も多いので、型を使った棒鮨です。魚は鯵を三枚おろしして、軽く酢じめをしています。と言うことは三枚おろしして、強塩して酢洗いして、酢で締めて、小骨を抜いて、皮を引いて、半分に切って、箱寿司にすると言うものです。プロセス数が多いのでちょっと子供にはしんどいかもしれないのですが、子供用の魚おろしの方法ですると比較的安全です。

口が酸っぱくなるほど「棘があるよ」といっても、アッとひっかかる子もいます。


ほとんどの子が身の大小はあっても、三枚下ろしが出来ます。今回は特にさばとおんなじくらいの大きな鯵が届きました。却ってさばくのにはやりやすかったかもしれません。

で出来上がった献立はこれです。


iPadから送信



9月のメニューです。

お月見にまつわる話をして、豆と芋を使った料理をしました。洋風です。枝豆のポタージュには蛋白質は全く入っていませんが、本当に美味しいスープが出来ました。これも、枝豆の茹で汁で玉ねぎを煮て、クリームチーズと牛乳でポタージュにしました。

ピラフには里芋をダイスに切ってカラリと揚げたものを混ぜました。


iPadから送信




ピラフに天使のエビが入るので、色鮮やかな塩鮭に。フルーツコンポートにはイチジクが合わない子には二十世紀梨で代用しました。

結構、同じテーブルの子達から羨ましがられて、お代わり分どうぞで、歓声があがりました。

いいな、アレルギーのある子のいるテーブルってとなったようです。





iPadから送信



子供が調理中にいいました。キャー、怖い顔だ。



赤いオランダパブリカを分けて切っていたらこうなりました。見方ですねー。


iPadから送信

<<new | 1 / 8pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
もっとひろがる国産米粉クッキング―小麦・卵・牛乳なしでここまでできる
もっとひろがる国産米粉クッキング―小麦・卵・牛乳なしでここまでできる (JUGEMレビュー »)
坂本 佳奈,坂本 廣子
アレルギー対応とは書いてないけどアレルギーを考えて作りましたよ!
RECOMMEND
五感で学ぶ食育ガイド キッズ・キッチン
五感で学ぶ食育ガイド キッズ・キッチン (JUGEMレビュー »)
坂本 廣子,キッズキッチン協会
食育の集団での教本です。実践の第一歩に。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

原点です。是非一読してください!
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.